2022年9月20日 お知らせ

帯状疱疹ワクチンの接種を行っています

●帯状疱疹とは                                  
・子どもの頃に感染する「水ぼうそうウイルス」が原因の病気です。            
・水ぼうそうが治った後もウイルスは体内に潜伏し、加齢やストレス、疲労、病気等で免疫力
 が低下した際に活性化・増殖し、神経に炎症を起こして発症します。          
・症状は、ピリピリした痛みに続き、体の左右どちらかに帯状に、赤い発疹と水疱が出ます。
 (胸腹背・上肢の他、顔面、特に眼周辺など、全身どこにでも発症します。)      
・発症率は、50歳代から高くなり、80歳までに約3人に1人がかかると言われています。    
・合併症として、顔面神経麻痺、難聴、髄膜炎、視力低下などがあります。        
●帯状疱疹の皮膚症状が治った後も長い間、                  
  つらい痛みが続くことがあります。                      
・赤い発疹等が消えた後も、頑固な痛みが3ヵ月以上続くものを「帯状疱疹後神経痛」と呼び、
 50歳以上で発症した方の約20%、80歳以上では30%以上が悩まされると言われています。
・水ぼうそうウイルスへの免疫力を高め、帯状疱疹の発症と重症化を予防するワクチンは
 2種類あります。効果と副反応、費用等についての特徴を確認して、お選びください。
帯状疱疹ワクチンの接種希望の方で下記に該当する場合は、     
 医師と、よくご相談ください。                      
・心臓病、腎臓病、肝臓病や血液の病気等のある方                  
・風邪のひき始めと思われる方                            
・予防接種で2日以内に、発熱、発疹、じんま疹等のアレルギーを疑う症状が見られた方
・薬(エリスロマイシン、カナマイシン)の投与や食事(牛肉、豚肉)で発疹が出たり、
 体調に異常がみられた方                              
・血小板が少ない方、出血しやすい方、血液を固まりにくくする薬を飲んでいる方    
・今までに、けいれんを起こしたことがある方                    
・本人や近親者で、検査で免疫状態に異常を指摘されたことがある方          
・妊娠の可能性がある方